スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:--   [スポンサー広告]
純情きらり
『純情きらり』(じゅんじょうきらり)は、2006年(平成18年)度上半期NHK連続テレビ小説の作品である。シリーズ通算第74作目。2006年4月3日から2006年9月30日(予定)に渡って放映する。
昭和初期、7歳になる有森桜子(美山加恋)は、八丁味噌の蔵元で味噌桶に落ちてしまう。4歳のときに母親・マサ(竹下景子)を病気で亡くしてから父親・源一郎(三浦友和)に男手ひとつで育てられていた。母親が居ない桜子を思った周囲の人々は源一郎に再婚話を持ち込むが、桜子が亡くなった母親を恋しく思う姿を目の辺りにし、再婚をとどまることになった。 10年後、16歳になった桜子(宮あおい)は、周囲の反対を押し切り東京音楽学校に進学を希望する。 そんな矢先、桜子の音楽学校進学を支援してくれていた源一郎が、仕事で駆り出された土砂崩れ現場で落石に遭い、一度は意識を回復したものの結局命を落としてしまう。 長女・笛子(寺島しのぶ)は反対するが、それでも桜子は父が遺してくれたピアノを極めようと没頭する。 そして翌年、桜子は、幼なじみでよきライバルでもある松井達彦(福士誠治)と共に、音楽学校を受験する。桜子は、2次試験までは合格した。しかし、最終試験当日に、サックスの生演奏に聞き入ってしまい、遅刻してしまう。試験を受けることはできたものの、本来の実力を発揮できずに、不合格に終わった。その後桜子は、岡崎に帰ろうとしたが、西園寺公麿(長谷川初範)に励まされ、もう一度受験することを決めた。

ジャズピアニストを夢見ながら戦争に揺れる昭和の激動時代を駆け抜けるヒロイン・桜子の波乱万丈な人生を描いていく。
スポンサーサイト
2006.08.28 Mon 23:47:43   [未分類]
堂本光一| HOME | 五十嵐 圭
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。